区切られた部屋を開放し風の通り道を作るリフォーム例

対面キッチン

経年変化した「お住まい」のリフォーム、ただきれいにするだけでなくどう変えるか・・・
これから長く住む「我が家」です、実質的変化を求めたリフォームを考えましょう。

それぞれ家族構成のライフスタイルに合わせるのは容易でないことですが、夢が現実に!
拡伸工務店が応援します。
まずは現状を検討し、どう活かすか間取りの検討から始めましょう!

以下は細かく区切られている部分を開放的にし、強化策も加えて風通しを良くするリフォーム例です。

↑↑↑施工前例↑↑↑  ↓↓↓施工後例↓↓↓

  1. 引き戸にすることにより、どちらか一方開けっ放しにできる
  2. 勝手口と食堂の風の抜け道をつくる
  3. 天井に構造用梁ざいを入れる ・・・ 天井に木材が見えアクセントなり強度も増す
  4. 東側の物入れを取り払い、窓を作ることにより東からの風が通りぬける
  5. 下は物入れ、上は飾り台に ・・・ 開放的な収納(TV設置等)
  6. 中央の柱は丸い柱に ・・・ 角の柱より柔らかく目に映る
  7. LDKはオープンに
  8. トイレのドアは引き戸にする(内開きでは中で事が発生した場合、ドアが開かなくなってしまう恐れがあるため)

kaze

ダイニングキッチンを対面式の流し台にしたことで見通しが良くなり、食事用テーブル配置もイメージが広がりますね。

窓を開けておけば自然の風が室内に入り通り抜ける設計プラン。
どんな設備にも勝る自然の威力は活用してこそ活きるものです。
窓は腰高窓より掃出し窓、できるだけ大きいサイズにします。足元から風の流れをキャッチし庭にもすぐ出られるので便利。それと玄関から入らないベットやタンスなど大きなものは掃出し窓を利用して運び込むことができます。

オープンにすることにより、大勢の人が集まった時にお互いの顔としぐさが見えるので会話も弾み、時間を忘れさせることでしょう。

⇒ ご相談は電話 0120-411897 またはメールでどうぞ

©2021 拡伸工務店 All rights reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?